FC2ブログ
 九月は溜めてた本を読み切るように努力した……つもりではあるんですが、結構残りました。まだ読まず、或いは途中の本が6冊。来月には0にしたい……けれど、買いたい本が既に3冊ほどあるから、残ってしまうのではないかなぁ(苦笑

 で、個人的な話ですが、昨日で上野駅のブックエキスプレスが駅改装の為に閉店となってしまった

 今は残念の言葉に尽きます
 この書店には、とにかく御世話と言うか、迷惑と言うか、まぁ、いろいろ思い出があったり(小説を書く原点となった本も此処で買ったものでした)。正直、駅の本屋が潰れるなんて有り得ないだろうとたかを括っていた部分はあったのですが、それにしても……。
 上野駅で時間があれば、何はともあれこのお店で立ち読みしてました。一番長い時は、記憶が間違って無ければ五時間以上……どう考えても迷惑客のリストには載ってただろうなぁ(汗
 このお店は発売日にも依るのでしょうけれど、横山信義先生を初め、架空戦記を少し早く出してくれる事もあったので、その点でも重宝していたり。実際、本棚に入っている架空戦記の六割強は間違いなくここで購入した物ばかり(残り三割は古本、一割は他店)。改装した後も、この本屋が復活して欲しいなと思うのですが、店員さんも詳しい事は解らない(別の御店になってしまうんじゃないかとも)と言う事で、少し不安です

 今月、特に印象深いのは弓弦イズル先生の「IS」と、赤城先生の「亡国の本質」。前者は先月に既刊一式を買い揃えておいたのに、1巻までしか読めなかったので、一気に読みふける事に。気楽に読むのに良い。ライトノベルとは言え、2~5巻を一日で(二度)読んでしまった。後者は知っている部分の再確認より、知らない事の方が多かった部分が多い。特に当時のドイツ外交を知る事は、架空戦記を読むのにはやはり必要だと思えるので

 読んだ本のリストは続きから御願いします

Secret

TrackBackURL
→http://kikusui1945.blog104.fc2.com/tb.php/92-eed8475c