FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 菅野よう子さんののチケット入手出来ず、思いっきり落ち込んでる今日この頃だったりします。今年の運は、やはり五月で使ってしまったのだろうかと、時折思ったり思わなかったり……

 そんな昨今、いよいよ近付いて来たヱヴァ:新劇場版。個人的に非常に楽しみなのですが、公式のブログにこのような記事が

http://eva2.0.b-ch.com/blog/2_0/archives/156
 転売行為について、いろいろと非難しています。転売行為については、とかくいろんな意見があります。悪いと思う、いや寧ろ遠方に住む人には良い行為だと思う等々
 自分も悪い行為だと思います。コミックマーケットや、或いは他の同人イベントで頒布された物(作品)が、僅か数時間後にはネットオークション、或いは秋葉原の店舗に並んでいる光景を見ると、内心で「これもか……」と、嘆息し通しです。もっとも、先日のようにインフルエンザマスクをネットオークションで売る行為なんかは、いい加減取り締まってもいいと思います

 あと、転売行為を行う人達を嫌う理由として、作品を愛していない雰囲気が感じられると思う点です。大分時間経ったから書いても良いかと思いますが、今から三年前のコミックマーケット71で企業ブースに向う際、このように会話をしている人たちを見かけました

「や~、夏は儲けた儲けた」
「本当だ、今度もそうなれば良いと思うが」
「いや、なるでしょ。なのはは本当に金蔓。儲けさせて貰ったよ」

 一瞬、凄い嫌な感情が自分の中で渦を巻いたのを今でも覚えています。彼らにとって、あれは金蔓であって、何であろうと構わない。稼げればそれで良いと言ったように感じられたんです。無論それは、自分の判断で、他の意見もあるかもしれません。でも、金蔓という言い方は、余りに酷いとしか思えなかった

 これは、自分が勝手に思っていることですが、物を買うと言う事は一つの縁だと思います。物を購入する際、欲しいと思う商品が絶対あるとはやはり限らないと思います。その物を買える、ひいては入手出来るという事は、つまりその物と自分に縁が有ったんだと、逆に入手出来ないという事は縁が無かったんだと、そう思うのです(そう思う事で、自分を納得させているとも言いますが)。そして、転売行為はその縁を一方的に切り捨てる事と同義なんだとも、思うのです

 無論、これで何かが変わるとは思っていません。ただ言わずにはいられなかったことをこの場を借りて書いただけです。ですが、本当に欲しい物を欲しい人が購入出来ない、ひいては本来の値段より高値でしか買えない現実は、悲しいと思います。以上です
Secret

TrackBackURL
→http://kikusui1945.blog104.fc2.com/tb.php/28-9791640b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。