FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 公式HPにて、最終章のPVが公開され、遂に来たんだなと何と無く思ったり

 未だにサントラ引っ張り出したり、戦闘シーンばかり再生したり(特に三章)と、かなり依存しています

「願わくば、テアトル新宿で一日だけで良いので、公開されんことを……」

 などと友人に言ったら、「上映の頃には関西じゃね?」と一撃……


 新幹線の時間、今の内に調べておこうかな(マテ

追記:そう言えば、早い所ではコミケカタログの予約が始まったそうです。月末には当落発表ですし、年の瀬が近い事をこんな事で感じてしまった……駄目だなぁ(苦笑

追記2:風邪を引いてしまった……喉と鼻がやられるのはいつもの事だけど、血が口から……アレ?(激マテ
スポンサーサイト
 と言う訳で、一昨日にチケットを入手してきた座談会の模様をレポートで

 続きからどうぞ
 昨日、何と無くネットで「機動戦士ガンダム00」の公式サイトを見たら、11日に池袋で上映後に水島監督他による座談会があると言うことで、今朝始発に乗って池袋へ。無事に00座談会の回ののチケットを入手してきました。最近、嫌なことが続いているのと、もう一度見たいと思っていたので、時期的にはちょうど良かったのかも

 現地には6時45分くらいに着いたのですが、些か寝過ごして朝食とっていなかったので、向かいのデニーズでホットサンドのセットを頂きました。蜂蜜入りのフルーツヨーグルトが美味しかったので、今度家でも試してみる予定

 列に並びなおしたのは7時15分頃だったか(うろ覚え。そこからは待機だったんですが、30分頃から雨が降ってきたので、参ったなと。まぁ、それでも傘が飛ばされるとかが無かった分、良しとすべきなのかも

 チケット入手後、芝の増上寺へ。今日は偶然徳川家の墓地の公開日だったので、約十年ぶり(もっとかも?)に参拝してきました。来年の大河ドラマは二代将軍秀忠の妻、「江」が主役なので、来年は混むだろうなと思いました。何せ、年に二日しか公開しないわけですし

 その後は、買い物をしてそのまま帰宅。明後日が楽しみです
 上野駅の書店は下記に書いた通り。でも、よくよく考えると、あの店に行けるのはあくまで自分が関東圏内にいてこその話で、いなくなれば利用する事も出来ないのだろうなと

 先日書いた話ですが、関西に移り住む方向でいます

 場所は京都府。詳細は11月の下旬くらいに纏まるとの事

 今年の最初の方に書いたと思いますが、取り敢えず一時的にこのブログもお休みになるかと思います。もっとも、どれだけの人が読んでいるんだか。大した数ではないと思うので気にした事はないですが(偶に書くのが楽しいので、やめる事はそうそう無いとは思いますけど)

 取り敢えず、リリカルパーティ4辺りまでは関東にいたいなと考えていますが。冬コミには帰って来れないのかもしれないなぁと。「お前が関西に行くと、31日の夕方に新幹線乗って東京に帰ってきた場合、戦利品抱えて帰省する参加者とすれ違って、地団太踏む姿がやけに目に浮かぶ」とは知人の言葉ですが、あながち正鵠を射ているのかも知れません(苦笑

 追記:困った事に11月に欲しいゲームのタイトルが重なりすぎている……現在4つ。最終的には二つくらいに絞って残りは後回しか、或いは一つは新品で購入し、残り二つは新古品、残り一つは後回しかなと。もしここに「魔法使いの夜」が重なったらどうしようか(苦笑
 九月は溜めてた本を読み切るように努力した……つもりではあるんですが、結構残りました。まだ読まず、或いは途中の本が6冊。来月には0にしたい……けれど、買いたい本が既に3冊ほどあるから、残ってしまうのではないかなぁ(苦笑

 で、個人的な話ですが、昨日で上野駅のブックエキスプレスが駅改装の為に閉店となってしまった

 今は残念の言葉に尽きます
 この書店には、とにかく御世話と言うか、迷惑と言うか、まぁ、いろいろ思い出があったり(小説を書く原点となった本も此処で買ったものでした)。正直、駅の本屋が潰れるなんて有り得ないだろうとたかを括っていた部分はあったのですが、それにしても……。
 上野駅で時間があれば、何はともあれこのお店で立ち読みしてました。一番長い時は、記憶が間違って無ければ五時間以上……どう考えても迷惑客のリストには載ってただろうなぁ(汗
 このお店は発売日にも依るのでしょうけれど、横山信義先生を初め、架空戦記を少し早く出してくれる事もあったので、その点でも重宝していたり。実際、本棚に入っている架空戦記の六割強は間違いなくここで購入した物ばかり(残り三割は古本、一割は他店)。改装した後も、この本屋が復活して欲しいなと思うのですが、店員さんも詳しい事は解らない(別の御店になってしまうんじゃないかとも)と言う事で、少し不安です

 今月、特に印象深いのは弓弦イズル先生の「IS」と、赤城先生の「亡国の本質」。前者は先月に既刊一式を買い揃えておいたのに、1巻までしか読めなかったので、一気に読みふける事に。気楽に読むのに良い。ライトノベルとは言え、2~5巻を一日で(二度)読んでしまった。後者は知っている部分の再確認より、知らない事の方が多かった部分が多い。特に当時のドイツ外交を知る事は、架空戦記を読むのにはやはり必要だと思えるので

 読んだ本のリストは続きから御願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。