FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ネタバレを含む部分が多いので続きからどうぞ

 http://www.gundam00.net/index.html


... 続きを読む
スポンサーサイト
 非常にパニックになってます

 仕事で関西にお行き(移り住め)という暗黙の重圧が……

 冗談じゃないのか(滝汗

 余りに唐突過ぎて、「えっ!?」としか言えない自分が、情けなや……

 けれど、これで関西イベントに行ける……って、そういう問題じゃない!と言うか、こう言う時にガンダムの「君は生き残ることが出来るか」を思い出してしまった……あとは、コミケに行き辛くなるのはやはり痛いかもなぁ(問題はそこじゃない!
 何と無く、このフレーズが。誰の台詞かは、想像に任せます(重要な部分は省いているし、これで解る人はいないと思う)

 先日、祖母を車に乗せて大宮の高島屋へ。
 普段なら電車ですが、連日の猛暑と高齢の祖母に例え駅に近いとは言えども歩かせるのは酷ではないかと思い、車を出した訳で。その帰り、自分に模型の事を教えてくれた人のお店の前を通りかかると、看板が無くなっていました。正直、本当に焦りましたが、御店を移転していただけのようでした。本当に焦った(苦笑。でも以前の場所近くには、今人気のあるラーメン屋さんがいるようで。がやがやしてるよりは良いかなとも思ったり

 最近、気に入りのBGMを聞いてないなと思っていたら、友人から坂本真綾さんが「優しさに包まれたなら」をカバーすると言う話を聞かされたり。ジブリアニメの中でもBGMで気に入ってるのは「もののけ姫」と「魔女の宅急便」なのですが、久し振りに聞きたいなと思ってMDの棚をごそごそ。が、「もののけ姫」は見つかっても「魔女の宅急便」は見つからず。高校時代にMDに入れた筈だが?と首を傾げたり
 「もののけ姫」は「アシタカ聶記」、「魔女の宅急便」は「海の見える街」がお気に入りです。数年前に録画したジブリ音楽のオーケストラをまた見たくなっていますが、それを見始めると二時間は動かない……
 坂本真綾さんの「優しさに包まれたなら」は買う予定。真綾さんなら、松任谷さんの名曲も綺麗に謳い上げてくれていると思います

 「もののけ姫はこうして生まれた」が、何故か無性に見たい

「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]「もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD]
(2001/11/21)
不明

商品詳細を見る


追記
 イラストを描くソフトは何が良いのか検討中。saiを薦められましたけど、文字が入れられないのは痛い。まだ悩む時間は……ある筈(汗

 模型作りたい病を発症しながら、「原稿を~」と唸っていたり。年末発売の武御雷の前に、一つ作りたい
マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00R (ノンスケール プラスチックキット)マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00R (ノンスケール プラスチックキット)
(2010/12/25)
壽屋

商品詳細を見る

 大きな改造は出来ないけれど、TEの唯依機に出来たら良いな
2010.09.01 …………
 「魔法使いの夜」発売延期って……えーっと(苦笑

 まぁショックだけど、これは作り手さんの事情だから仕方ない

 でも、発売日は告知して欲しいなぁ
 恩有る人と口論し、挙句に絶縁状態にしてしまった

 悪いのがどっちなのかというと、どっちになるんだろ。でもなぁ、病んでいるとか、重症とか、そんな事言われるほど酷かっただろうかと、自問自答……

 今になって思えば、見たくない物なら最初から見なければ良かったのだし、相手の言う事に応じなければこんな事にはならなかったのかもしれない。所詮は可能性の話ですが。無視すれば良いものを無視出来ないのは、これは自分の性分なのだろうかと、ここ数日溜息吐きつつ考えています。ただ、どうしても言わずにはいられなかった……。それは相手も同じだと言うのを解っていながら。結構堪える言葉を受け、精神的にはズタズタになりました。今更謝ろうが何をしようが、この関係が修繕される事はないだろうなと諦めています。と言うか、今は会っても険悪な雰囲気のまま物別れになるのがオチだろうし

 最近、怒るよりも悲しい気持ちの方が表に出やすくなりました。昔は短気だったんですけど、怒る気力が大分失せたのかなと、何と無く考えてます。最後まで、汚い言葉で罵りあうのが辛くて、口論の場を降りてしまった事を逃げだと言われもしましたが、それについては返す言葉も無い

 別件で思い悩まなくなるだろうから、これで相殺なんだと思う事にしようと、蟠りを残しながら自分を納得させています


 一昨々日、animelo summer liveに行く友人と会うために新都心に行ってきました。会場付近の熱気に圧倒され、「これが若さか……」と呟く20代。もうダメダメだと、自分で自分を突っ込みたくなった(苦笑
 因みにその前日、大きな荷物を持って、新都心駅の階段を猛ダッシュしてた方を見送ったが……
 読んだ本は続きからどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。